2018年10月18日

あまご産卵親魚放流

10月8日漁協役員と組合員、遊漁者の方に手伝ってもらい、あまごの産卵親魚放流を行いました。
産卵間近の成魚を放流し河川で産卵すると、稚魚の生存率が高いとの他県からの報告があり、昨年に引き続き2回目の試みです。
ここ数年、豪雨による長期濁水、そして降雨がないときには渇水…。魚にとって厳しい状況が続いてますが、たくさんの魚がいて、川が釣り人で賑わう…そんな物部川に戻るよう、漁協としましては今後も努力してまいります。

*あまごは体長制限があります。来年、漁券購入の際には「出漁の手びき」にてご確認ください。

PA080030.JPG

PA080035.JPG

PA080038.JPG

posted by 物部川漁業 at 14:11| Comment(0) | アマゴ情報