2020年03月19日

アマゴ稚魚放流について

3月15日(日)に上韮生川、笹川、楮佐古川へアマゴ稚魚放流を行いました。
放流したアマゴは上韮生川20,000尾、笹川10,000尾、楮佐古川10,000尾で平均魚体重は1.4g、3cmでした。

従来物部川では、アマゴの稚魚は、5〜6月に5〜10g、7〜10pのサイズで放流していましたが、そのサイズで放流するとサギやカワウの餌食になったり、洪水で流されたり、また釣り人の針にもすぐかかるため、放流効果があまりあがりませんでした。
 
 アマゴはアユと違って、放流してその年に漁獲サイズになるのではなく、1年後の春に漁獲の対象となります。そのため、夏場の洪水や冬の渇水にも生き残っていくたくましさが必要です。そうしたたくましさを自ら身に着けるためにも、養殖池でぬくぬくと温室育ちになる前に放流するわけです。

 ただ、そのサイズの稚魚をいきなり川の本流に放流すると、たちまち親アマゴたちの餌食となります。そのためそうした共食いのリスクを避けるため、流れの脇の水たまりに小まめに分散して放流する必要があります。

 昨年から小型サイズの稚魚を放流して、この春にはその効果も上がり、本支流とも魚影はそこそこ見えます。ただし、上流域や支流では川の収容力以上に稚魚が残ると、15cm以下の放流サイズが多く混じりますので、リリースしてもらえれば、シーズンを通してアマゴ漁を楽しんでいただけると思いますので、ご協力よろしくお願いします。


堂ノ岡
P3150029.JPG


P3150032.JPG

P3150035.JPG

高井
P3150036.JPG

高井
P3150037.JPG


P3150041.JPG


P3150043.JPG

楮佐古川
P3150044.JPG
posted by 物部川漁業 at 17:00| Comment(0) | アマゴ情報

2020年03月05日

アマゴ解禁情報

3月1日アマゴの解禁でしたが、日曜日であったこともあり多くの方がアマゴ釣りを楽しまれておりました。
上韮生川では40人が竿を出していて、朝8:00の時点で1人10〜20匹程度の釣果でした。
槇山川は80人が竿を出しており、1人15〜20匹の釣果で多い方は40匹の方もいました。
また、解禁前放流を行っていない支流についても、杉熊川で40匹という釣果があり、上流部についてもアマゴ釣りが楽しめる状況となっております。下に写真をアップしますのでご覧ください。
なお、監視をしている中で15cm以下のアマゴをたくさん持ち帰っている方がおり、多くの方がルールを守ってリリースをしてくれている中で残念なできごとでした。今回は注意としましたが、2回目は厳しい処置をとることになりますので、15cmに満たないアマゴはリリースするようお願いいたします。

槇山川 20匹程度
P3010016.JPG

槇山川 20匹程度
P3010021.JPG

槇山川 15匹程度
P3010025.JPG

津々呂
P3010022.JPG

15cm以下のアマゴ
P3010027.JPG

上韮生川
IMG_4733.JPG

上韮生川 落合橋上
IMG_4734.JPG

上韮生川 15匹程度
IMG_4730.JPG

上韮生川 五王堂放水口 15匹程度
IMG_4737.JPG
posted by 物部川漁業 at 09:24| Comment(0) | アマゴ情報