2021年03月31日

上流部・下流部稚アユ放流について

3月29日に稚アユの放流を行いました。
上流部については、第1弾として上韮生川の土捨場・堂ノ岡・高井へそれぞれ100kg(平均魚体重10g、100kgあたり10,000尾)の放流を行いました。今後上流部については、順次放流を行ってまいります。
次に下流部への放流についてですが、通常は例年並みの遡上量があれば放流はしないのですが、今年は天然遡上を確認したのも遅く、ようやくそこそこの群れが床止めにたどり着きましたが、サイズも小さく5月15日解禁に間に合わないという懸念もあり、廿代と戸板島へそれぞれ250kg(平均魚体重10g、250kgあたり25,000尾)の放流を行いました。
下に放流時の写真を掲載しますのでご覧ください。

P3290030.JPG

上韮生川 土捨場
P3290031.JPG

上韮生川 堂ノ岡
P3290033.JPG

上韮生川 高井
P3290038.JPG

下流部 廿代
P3290039.JPG

下流部 戸板島
P3290041.JPG

下流部 戸板島
P3290043.JPG

posted by 物部川漁業 at 10:53| Comment(0) | アユ情報

2021年03月19日

アユの遡上状況について

3月18日(木)15:00に河口でアユの遡上確認をしてきました。15:00に行ったときには帯になって上ってきており17:00までの間ほぼ途切れることなく遡上が続き、見ていた時間だけでも万単位の稚アユが遡上したのではないかと思われます。今年は遡上が例年より遅く心配をしておりましたが、小さいながらも一定の数が確認できたのでほっとしています。今後、大きな洪水や渇水などがおこらず、すくすく育ってもらいたいものです。下に写真と動画を掲載しますのでご覧ください。

河口@
P3180006.JPG

河口A
P3180004.JPG

河口B


河口C
posted by 物部川漁業 at 11:05| Comment(0) | アユ情報

2021年03月16日

アユ遡上状況について

 3月15日(月)午前11時ごろ、昨年の産卵場左岸側にて遡上稚アユの群れを確認することができました。
 黒いかたまりがいくつか見え、数時間のうちに万単位のアユが通りすぎたと思われます。
 その後、河口も遡上確認してきましたが、河口でも新たに海から入ってきている稚アユを確認することができました。
 下に写真を掲載しますのでご覧ください。

昨年の産卵場にて
DSC03271.jpg


河口1
P3153271.JPG

河口2
P3153265.JPG

河口3
DSC03098.jpg

posted by 物部川漁業 at 08:35| Comment(0) | アユ情報