2022年02月14日

令和4年度漁券販売について

 令和4年度の物部川遊漁券販売を始めました。
 物部川漁券販売所または、物部川漁協事務所にて販売いたしております。
 漁協事務所での販売は、平日8:30〜12:00 13:00〜17:00となっております。
 3月1日はアメゴの解禁日となっていますので、お忘れないようお早めにお買い求め下さ
い。
 また、つりチケサイトからも遊漁券を購入できるようになりましたのでお知らせいたし
ます。
 下にアメゴの放流実績を掲載しますので、ご覧ください。

令和3年度アマゴ放流実績 HP用.png
posted by 物部川漁業 at 13:05| Comment(0) | スタッフより

2022年02月07日

早春の贈り物届く〜稚アユの遡上始まる〜

 立春を過ぎたとは言え、寒風吹きすぶる5日(土)昼前。朝から産卵場の埋め戻し作業をやってもらっている現場を見に行くと、干上がりかけた浅瀬に何やら魚影が走った。まさかと思ったが、たも網を手に川の中を走ってやっとすくってみると、まぎれもなく稚アユだった。

 毎年の事ながら、その年の初めに目にする稚アユは、ほんとうにきれいだ。この”早春の贈り物”を目にすると、昨年までの産卵場造成や様々な苦労がいっぺんに報われたような気がする。今回目にした群れはまだ、200匹程度で、”走り”に過ぎない。早く春らしい雨が降って、物部川が本来のたたずまいにふさわしい水量を取り戻し、海に居たくなくなった稚アユたちを1匹でも多く、この川に迎え入れたいと願ったことだった。

P2050555.JPG

P2050567.JPG

P2050564.JPG

P2050559.JPG
posted by 物部川漁業 at 09:41| Comment(0) | アユ情報

2022年02月03日

手結港の稚アユ確認について

2月2日に手結港湾内にて稚アユを確認しました。
昨年の11月30日の大雨により産卵場が壊滅的被害を受け、産卵場にストックされていた多くの卵が流され、厳しい状況が予想される中ではありますが、稚アユが確認できたことに少しほっとしています。


ボラの子がたくさんいる中で、多くはないですが稚アユの群れを写真に撮ることができましたのでご覧ください。
P2020543.JPG

係留ロープの間にいます
P2020539.JPG

大きい稚アユは4〜5cmあり、川に遡上してくるサイズとなっています
P2020542.JPG

河口の状況ですが、写真のとおり水量も少なく日によっては河口閉塞もおこしており、重機による河口開削を行い川と海がつながった状態を維持してもらっています。
例年どおりでいくと、この時期くらいから遡上があってもおかしくないのですが、今年はまだ確認できません。川の水温が上がり、水量が増えれば一気に遡上が始まるかもしれません。
P2020538.JPG

遡上の様子が確認できましたら、HPにてお知らせしたいと思います。
posted by 物部川漁業 at 09:44| Comment(0) | アユ情報