2018年04月12日

2018年3月期 物部川下流域におけるアユの生息状況

 今年3月期における天然アユの遡上数は、平成20年以降最も多く、発育・成長状態も3月期としては異例に早い印象にあります。一方、遡上数が豊富なことから、2か所の横断構造物直下では大量の稚アユが集積しており、これら施設での遡上の円滑化が大きな課題となっています。
 また、構造物直下のみならず下流域全体としても、現状の生息密度は過密状態であると評価されます。
 下は本年及び過去10年の3月下旬から4月中旬におけるアユの総生息数と生息密度をグラフ化したファイルです。参考

生息密度グラフ、アユ推定生息数グラフ.docx
posted by 物部川漁業 at 10:52| Comment(0) | アユ情報
この記事へのコメント