2020年11月19日

仔アユの流下状況について

第1回目の流下仔魚調査を11月10日、2回目を11月17日に行い、かなりの数の仔魚が流れていることがわかりました。昨年は自然産卵された仔魚をほとんど採捕することができなかったので、今後流下が始まる人工産卵場の仔魚も含めると、さらに流下数の増加が見込まれます。海で生き残って、来年たくさんのアユが戻ってくることを祈るばかりです。

DSC_0020.JPG


DSC_0016.JPG

posted by 物部川漁業 at 08:59| Comment(0) | アユ情報
この記事へのコメント