2022年03月15日

稚アユ遡上について

 3月14日に物部川河口から約3q400mにある深渕床止めに稚アユが集まっておりました。
 現在物部川は、ひどい渇水状態であり下の動画を見てもらえばわかるとおり、魚道の中も水が少なくアオサギやシラサギが真ん中まで入って遡上に時間がかかっているアユを簡単に捕食しておりました。
 また、今の物部川は昔のような大きな淵が少なくなり、アユが隠れる場所も限られておりますし、渇水で川幅が狭くなっている中でアユが密集し捕食されやすい状態を、一刻も早く解決するためには一番には雨が降って水量が回復することが望ましいのですが、その間もアユの遡上は続くので応急処置として床止めの魚道に防鳥テグスを張りました。総雨量100oくらいの雨が何回かに分けてやさしく降って水量が回復することを願うばかりです。
 下に写真と動画を掲載しますので、ご覧ください。

床止め右岸魚道@
IMG_9757.JPG

床止め右岸魚道A
IMG_9765.JPG

床止め右岸魚道防鳥テグス張り後
IMG_9776.JPG

床止め左岸魚道防鳥テグス張り後
IMG_9783.JPG

床止め右岸魚道にて水中映像
posted by 物部川漁業 at 09:51| Comment(0) | アユ情報
この記事へのコメント