2018年11月12日

平成30年度 落ちアユ漁全面禁漁のお知らせ

平成30年度の町田統合堰下流部のアユ生息状況は、西日本科学技術研究所による潜水調査結果によると、解禁前の3月には218万尾程度の大量遡上が確認されたものの、4〜5月の長期濁水後の6月には74万尾に、さらには7月豪雨の後の8月には30万尾まで減少していることが判明しました。
その後、8月末からの台風20号、21号による長期濁水によりさらに減少し、産卵親魚として最低限必要な昨年並みの20万尾をも割り込むことが懸念される状況を勘案し、8月29日に開催致しました理事、漁業権管理委員合同会にて「来年の天然アユの遡上を何としても一定確保するために、数少ない親アユを守ろう」との結論に至り、全員一致にて30年度の落ちアユ漁は全面禁漁と決定しましたのでお知らせいたします。
 その後の10月の潜水調査で下記のグラフのように親アユの数も11万尾となっていることがわかりました。
ブログ図.png
posted by 物部川漁業 at 14:36| Comment(0) | アユ情報

2018年09月20日

川の状況について

 9月上旬の台風やまとまった雨により、物部川上流部、下流部ともに釣りの難しい状況が続いていましたが、現在上流部は水も澄んでおりアカもあります。ただ、釣行されている方が少なく釣果情報はありませんので手探りとなります。上韮生川・槙山川の写真を下に掲載していますが、掛かる可能性として高いのは別府温泉前から上流になると思われます。
 下流部についてはまだ濁りがありますが、膝から下が何とか見えるといった感じです。まだ川に入られてる方も少なく情報があまりないですが、多い人で20匹ほどかけているようです。
 なお、本日雨が降っており川の状況が変わるかもしれなませんので、ブログでお知らせしていきます。

別府峡温泉前
P9160070.JPG

上韮生川 笹川合流地点
P9160078.JPG
posted by 物部川漁業 at 09:59| Comment(0) | アユ情報

2018年07月23日

川の状況と釣果情報について

下流部については、ここ数日で川も少し青みがかかってきましたが、アカはまだついてない状況で竿を出している方も少ないです。
上流部については、槙山川筋別府については濁りはないですが、成山、津々呂まで下がるとまだ、濁りがあります。上韮生川についても、堂ノ岡から安丸まで竿を出している方がいました。釣果としては槙山川筋別府温泉前でぼつぼつかかっているようです。
上韮生川筋では、半日で5匹程度のようです。どちらも厳しい状況ではありますが、かかれば良型です。


堂ノ岡 5匹  〜23cm
P7210047.JPG


安丸 10匹 〜23cm
P7210039.JPG


別府   〜24cm
P7220056.JPG


南池 5匹  〜23cm
P7220063.JPG


上韮生川  平均5匹  〜23cm 
P7220065.JPG


別府の釣果です 〜24cm
1532305998252.jpg 
posted by 物部川漁業 at 11:08| Comment(0) | アユ情報